オーディオ関係

オーディオテクニカから販売されたゲーミングヘッドセット ATH-G1をレビュー

FPS等のシューティングゲームでは音は間違いなくAIMと同じぐらい大切な要素の1つです。

サウンドプレイをしている人とサウンドプレイをしていない人とでは、天と地程の差がでます。

最適なヘッドセットに投資することは決して悪い考えではありません。

ゲームでサウンドは非常に重要です。

FPS初心者の方でなんで場所バレてるの!?って思ったことは多々あるのではないでしょうか。

その要因としてFPS上級者は相手の居場所を正確に把握するのが得意です。

FPS上級者は足音を聞いて敵の位置を正確に把握したり、リロード音等を聞くことで、立ち回りに迷いが無くなったり、キメ撃ちで飛び出せる等、ゲームをかなり有利に進めることが出来るので一方的な差がでます。

さらには長時間ゲームをプレイしても疲れを感じずにゲームをプレイする為にはゲーミングヘッドセットの締め付けや、軽さなども重要になってきます。

今後自分がゲーミングヘッドセットを参考にして少しでもゲーミングヘッドセットを比較できるようにこれから様々なゲーミングヘッドセットをレビューしていきます。

オーディオテクニカ ATH-G1の強み

音響機器の分野ではSONYと肩を並べる程の日本の老舗メーカーオーディオテクニカから

販売されているゲーミングヘッドセット ATH-G1の紹介です。

商品コンセプトはプロ向けのヘッドホンやマイクロホンの設計思想を継承。 想像をはるかに超えたゲームへの没入体験。公式引用

PC、PS4、XBOX等に対応。

オーディオテクニカ ATH-G1の音質について

オーディオテクニカの長年のノウハウに加え、大口径のφ45mmドライバーを搭載することで、よりゲームに特化したチューニングが施されております。

 

このゲームに向けたチューニングにより

「背後から迫る銃弾音、わずかな葉音まで逃すことなく、あらゆる音声情報を的確に届けることでゲームプレイを強力にサポートします。FPSやアクションゲームなどに最適です。」

オーディオテクニカの公式一文を読み取っても音の定位性や音の識別に自信のあるゲーミングセットであることが伺えます。

オーディオテクニカ ATH-G1の機能性

ヘッドパッドとイヤーパッドは通気性に優れており、高強度で軽量のメタルヘッドバンドが採用されています。その為長時間ゲームなどで使用してもストレスを感じずにゲームを快適にプレイすることができます。

オーディオテクニカ ATH-G1 使用レビュー

音質

満足度:★

音楽の領域でメジャーな音響メーカーオーディオテクニカの開発したゲーミングヘッドセットということもあり、音質に関しては文句ありません。

音の傾向としては邦楽、洋楽、EDM等聞いてみましたがナチュラルな音質で低音から高音まで綺麗に音が鳴ります。

公式側でもマイクを外せばゲームだけでなく外使いできると言うだけのことはあり、

単なるゲーミングヘッドセットというよりヘッドホンとしても優秀と、音に重きを置いたゲーミングヘッドセットといった感想です。

定位性

満足度:★★★★

FPSでのサウンドプレイで一番重要な音の定位性ですが、オーディオテクニカ ATH-G1単体での使用、Astroのミックスアンプproも併せての使用。どちらもCOD MWで試してみました。

オーディオテクニカ ATH-G1単体での使用時は銃声や足音等全体的にクリアに聞こえ上下前後左右の定位もハッキリとしているので3Dで相手の位置等分かりました。

Astroのミックスアンプpro(COD向けのイコライザBeastmode 2.1[L]DOLBY ON)を併用すると、オーディオテクニカ ATH-G1単体使用時よりもゲーム内サウンド各種によりメリハリができ音の区別がしやすくなったがそれほどの恩恵は感じなかったので、大雑把に音を聞く等では正直オーディオテクニカ ATH-G1単体で十分といった印象。

R6SやEscape from Tarkovなどでより併用時の恩恵は感じることはできます。

装着性

満足度:★★★★☆

装着性、軽さ共に文句なしの出来です。

軽くて、締め付けもそれほど強くなく優しく締め付けられる感じなので、眼鏡を付けていても眼鏡のフレームを押し付けられるといったこともなく、ずっと付けていても疲れたり、頭が痛くなることはなかったです。

密閉型なので気になる蒸れの点ですが、イヤーパッドの内側がメッシュ加工されているので7月、8月での使用時でも他のオールレザーのイヤーパッドを採用してるゲーミングヘッドセットと比べるとそこまで気になる蒸れ方はしなかったです。

 

マイクの音質

満足度:★★★☆☆

VCを繋げた途端ヘッドセット変えた?という声が飛び交ってきて、前の方(HyperX revolver)が音質良かったとのことで、マイクの性能は無難な感じで良くもなく悪くもなくといった性能のようです。

マイク性能に関してはHyperXシリーズの方が1枚上手といったところでしょうね。

耐久性

満足度:★★★★★

2019年7月購入してから4か月ほどの使用ですが今のところは、作りがしっかりとしているので、耐久性に不安な点は見つかりません。

公式サイトのサポートから消耗品パーツも個別に購入することができるので、長く使える印象。

オーディオテクニカ ATH-G1の総評

全体的に完成度の高い仕上がりで流石はオーディオテクニカ製ゲーミングヘッドセットといったところ。

特に音の聴き特化といったところ。

使っていて気になったのはボリュームコントローラーがチープなのと、配線の取り回しで左耳側のイヤーパッドから配線が伸びているので、PCの位置や配線を左側から引っ張ってくるように取り回しを工夫しないと結構邪魔と感じることが多かった。

今回はAstroのミックスアンプproと一緒に使うのを前提として有線のATH-G1を購入したがATH-G1単体でも音質や定位性が良く感じたのでワイヤレス版ATH-G1WLも普通に良さそうというイメージができた。

ただどうしてもワイヤレスヘッドセットではサウンドカードが使えないケースが多いので

サウンドカード併用できて聴き特化で疲れないゲーミングヘッドセットが欲しいという人に向いているゲーミングヘッドセットというのが私の答えです。

あとはビジュアルも落ち着いていて大人のゲーミングヘッドセットといった見た目なのもワンポイント。

評価
レビューした日
レビューしたアイテム
オーディオテクニカ ATH-G1
総合評価
51star1star1star1star1star

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です