MENU
ゲーミングデバイス

コスパの良いゲーミングモニターシリーズ第4段 BenQ ZOWIE XL2411Pをレビュー

各メーカー等から高性能なゲーミングモニターが販売されており、どのゲーミングモニターが自分の用途と合っているのか悩んでいませんか?

画質を最優先に考える人、フレームレートを最優先に考える人、モニターはやっぱり大きい方が良いとモニターサイズを最優先に考える人等、特に尖った性能はいらずバランスに優れたモニターが欲しい人等、人それぞれニーズは違うと思います。

これまでは高リフレッシュレートモニターを求めるのはコアゲーマーというのが一般的でしたが、PS5の120Hz対応などでコアゲーマーに限らずより多くの人に高リフレッシュレートのモニターのニーズが広がっています。

144hzモニターはバリエーションが多く、モニター変えたいけどどのモニターが自分に合っているのか悩んでる人にとって少しでもモニター選びの参考になるように、

今回はBenQ ZOWIE XL2411Pをレビューします。

元々コスパが良かったXL2411Pですが、XL2411Kが発売され旧モデルのXL2411Pが値下がりしたことによりますますコスパがよくなりました。

BenQ ZOWIE XL2411Pの紹介

BenQ ZOWIEはBenQという企業は台湾を拠点とする電気製品のメーカーであり、主に液晶ディスプレイの開発を行っている企業のゲーミングデバイスブランドです。

ZOWIEは世界中のeスポーツの大会の基準のモニターとなっており、大勢のプロゲーマーに使用されています。

またZOWIEのゲーミングデバイスの歴史は古くプロゲーマーに限らず幅広い多くのゲーマーからZOWIEブランドは信頼され愛用されています。

BenQ ZOWIE XL2411Pの主な機能

  • FHD 24インチ画面
  • 144Hz を備える
  • 応答速度1ms
  • Black eQualizer – 暗いシーンでの視認性を高める
  • Color Vibrance – 索敵がしやすくなる

BenQ ZOWIE XL2411Pレビュー

BenQ ZOWIE XL2411Pのデザインコンセプト

全体が黒色でゲーミングモニターらしくシンプルなデザインです。

モニタースタンドは上下の昇降と角度の調節ができますが、モニターを昇降する際に少々もたつきがあるので、よく上下の昇降をする人であれば気になるかと思います。

BenQ ZOWIE XL2411Pの画質

BenQ ZOWIE XL2411PのパネルはFPSなどのゲームにおいて応答速度が早いTNパネルであり、画面の綺麗さもゲームや動画を見る分には十分すぎる程で、さすが世界中のプロゲーマー達が使用するのも頷けます。

少し詳しく説明しますと色にメリハリがあり、鮮明に描写してくれます。

ただ初回起動時の設定が全体的に白味がかかっていて画質が良いとは到底思えないので、自分にあった設定をしましょう。

プロに認められた144Hz&応答速度1ms

144Hzは現在最も普及しているリフレッシュレートでFPSやMOBAなどにおいてスムーズに動作し、プレイヤーの思うがままに操作できるでしょう。

応答速度1msは残像感を低減し、FPSでの急な振り向きにも耐え、敵を瞬時に捉えることができます。

Black eQualizer – 暗いシーンでの視認性を高める

Black eQualizerの機能を分かりやすく、COD:MWの夜マップで検証してみました。

Black eQualizer OFFの状態の画像

やや真ん中にぼんやりと人がいるのは分かりますが、暗い場所はほぼ見えないですね。

ですがBlack eQualizer をONにすると・・

Black eQualizer ONの状態の画像↓

人がクッキリハッキリ認識でき、Black eQualizer OFFで見えなかった場所が見えるようになりました。

Black eQualizerにより暗い所が明るく見えるので、敵よりも先に索敵することができ、撃ち合いでは間違いなく優位に立つことができます。

Color Vibrance – 索敵がしやすくなる

こちらもBlack eQualizerと同じくCOD:MWで検証しました。

Color Vibrance OFFの状態の画像

草むらに人がいるのがわかりますが、色がほぼ同じなので分かりにくいですね。

Color Vibrance ONの状態の画像↓

Color Vibrance ONにすると色彩にメリハリが出てヘルメットの色や顔の色がハッキリと分かりますね。

Color Vibrance を設定すると色の濃さがハッキリとしメリハリがでるので、一つ一つのオブジェクト(敵なのか、障害物なのか)を瞬時に判別できるようになります。

その他機能

ブレ軽減やブルーライトカットなども備えていますが、どれもゲームをする上で使用するほどの機能ではないと感じましたので、ゲーム時にはoff推奨です。

BenQ ZOWIE XL2411Pの総評

・良い点

  • 幅広いゲーマーに愛されている
  • ゲームを有利にできる機能が搭載されている
  • 画質が良い
  • 現状コストパフォーマンスが最高クラス

・気になる点

  • 初回起動時の画質が悪い

まとめ

今回紹介したBenQ ZOWIE XL2411PはBenQ ZOWIEのゲーミングモニターの中ではエントリーモデルに位置付けされておりますが、決して安いからと言って簡素な感じは一切ありません。

上位機種のBenQ ZOWIE XL2546を普段使用しておりますが、XL2546から240HzとDyacを省いたのモデルがBenQ ZOWIE XL2411Pといった印象です。

全体的に画質や残像などの描写やゲームを有利に運ぶBlack eQualizerなどの優秀な機能が搭載されており低価格ながらも満足のいくスペックを持っています。

PCゲームをプレイするにおいてゲーマーの求める画質や機能性は揃っており、世界中のプロゲーマーのお墨付きに頷けるモニターです。

PS5用のゲーミングモニターに悩んでいる人や、144Hzなどの高リフレッシュレートのモニターを使用した事がない、これからPCゲームでFPSやMOBAのマルチプレイで少しでも有利に進めたい、勝ちたい、という向上心のある初心者の人に一度試してもらいたいモニターです。

XL2411PとXL2411Kは約3000円の差ですので、全部乗せのXL2411Kを買うことに越したことはないですが、

XL2411Kからの搭載となるDyac機能は、FPS初心者にとっては残像の軽減などは実感しにくい点なのであくまでもコストを優先する人にとってはXL2411Pで十分納得のいくディスプレイ環境が整うでしょう。