MENU
カメラ関係

初心者や女性にコンパクトでおすすめなミラーレス一眼 オリンパスE-PL9レビュー

オリンパスのE-PL9を購入して3か月が過ぎました。私が使用してみて感じたことをレビューします。

このカメラを購入した理由は「軽量コンパクトなカメラで本格的な写真が撮りたい」と思ったからです。大きくて重いカメラだと、旅行に行くときには何かと不便です。特に山登りをする時には「少しでも軽くしたい」「かさばらない方がいい」と思うものです。

実際に写してみて、「これは使えるカメラだ!」と感じました。軽量コンパクトなデザイン性はもちろんのこと、画質の面でも十分満足できるものでした。エントリー機でありながら、それ以上の機能を持ち合わせていると実感します。

SNS用にスマホの写真からステップアップを考えられている方、低予算でカメラの購入を考えられている方には特におすすめできるカメラだと思います。

スマホとオリンパス E-PL9とで比較(両方フルオートモードにて撮影)

左がスマホ撮影 右がE-PL9

スペック

 

名称OLYMPUS E-PL9
センサーマイクロフォーサーズ
画素数1605万画素
ISO感度LOW~26500
連射速度1/8.6秒
本体サイズ117.1mm×68.0mm×39.0mm
重量約380g
発売日2018年3月

 

E-PL9のおすすめできるポイント

・見た目がおしゃれ

このカメラを購入して妻に見せたら「かわいいカメラで何だかおしゃれだなあ」とのこと。PENシリーズは以前から女性に人気があることは知っていましたが、E-PL9にも「かわいいカメラ」というのは受け継がれています。女性にとってはこの「デザインがおしゃれ」という見た目はとても大切なはずです。

またカラーバリエーションが3色あることも魅力の1つでしょう。「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」から選ぶことができます。

私は「ブラック」を買いましたが、妻は「女性の多くはホワイトを持ちたいと思うだろうなあ」と話していました。このカメラを実際に持ってみた感じの質感もよく、手に馴染みます。エントリー機とは思えない感覚です。

・持ち運びに最適

 

ミラーレスの中でもE-PL9は軽量コンパクトなところがとても嬉しいところです。手のひらに乗せられるサイズでボディだけなら380gなので、持ち運びしやすく最適です。

一眼レフは「でかい・重い・ゴツい」という3つの要素を連想される方もいるでしょうが、このカメラにはこれらは全くあてはまりません。そこが女性に人気がある理由なのでしょう。

・操作が簡単でわかりやすい

 

私もこれまでいくつかのカメラを購入し、実際に写してきましたが、このカメラは操作がとても簡単にできます。高級機種にありがちな、「ボタンやダイヤルがたくさんあって、どれを触ればいいかわからない」という複雑さはありません。

一眼初心者の方なら、基本「AUTO」だけでも十分撮れますし、触るとしても「A」「P」だけでかなり本格的に写すことができます。とても扱いやすい機種だと言えます。

・「使える」タッチパネルモニター

このカメラには「可動式タッチパネルモニター」が使われています。説明書を読むと「自撮り(セルフィ)する時にとても便利」だと書いてあります。このあたりから、SNS投稿のための「自分が写っている写真」が撮りやすい機種であり、今の時代にマッチしたミラーレス一眼だということが伝わります。

モニターの可動域は、上向き80度、下向き180度動かすことができます。自撮りをする時はモニターを下向きに180度動かせば、カメラは正面にすることができますので、簡単に自撮りを楽しめます。

三脚にカメラを設置して写真を撮るときも、パネルモニターを動かすことにより楽な姿勢で構図を決めることができ、本格的に写真を楽しめますので、どんどん使ってみましょう。

タッチパネルモニターはピント合わせも簡単です。パネルに触れた場所にオートフォーカスでピントが合いシャッターを切ることができますのでとても便利です。

・暗い所でも安心

1つ前の機種「E-PL8」では付いていなかった「内蔵ストロボ」が、このE-PL9では装備されています。これがあれば室内や夜の撮影でも安心です。ストロボを使用する操作も簡単で、手軽に夜の撮影も楽しめます。

・パソコンがなくても編集できる

パソコンがなく、ライトルーム等の編集ソフトやアプリが使えない方でも、トリミングなどの簡単な編集はカメラ内でできるので便利です。

E-PL9で使いづらいポイント

私はE-PL9は「初心者の方に最適」だと思うことは、ここまででお伝えしましたが、逆に「中級者や上級者の方には使いにくさや物足りなさがある」と感じています。あくまでもエントリー機であり、さらに本格的な写真を撮りたいのならば、E-M1やE-M5のような機種を選ばれる方が、値段は高くなってしまいますがおすすめします。

そこで、私がE-PL9を使ってみて、使いにくさを感じたところをお伝えします。

・ファインダーがありません

このカメラにはファインダーがなく、常に液晶を見ながら写真を撮ることになります。カメラに慣れておられる方ならファインダーをのぞくことと、液晶を見ながらの両方を使い分けているはずです。使い分ける理由の1つに天気があります。

というのも、明るい晴天の時には液晶は見づらく、操作がしにくくなってしまいます。ファインダーがあれば何の問題もないのですが、意外にも不便さを感じています。

・予備バッテリーが必要です

ファインダーがないため、常に液晶を見ながらの撮影になりますので、バッテリーは消耗してしまいます。バッテリーの持ちは使ってみて比較的いい方だと思いますが、それでも長時間の撮影をする場合などでは不安ですし、実際バッテリー切れも経験しました。

撮影旅行に行かれる時や長時間露光で撮影する場合は、必ず予備のバッテリーを持っていくことを忘れないでください。

・レリーズ(リモートケーブル)が対応していません

私にとってはこれが1番大きな問題でした。E-PL8まではシャッターに手を触れることなく撮影できる「リモートケーブル」に対応していましたが、E-PL9では対応していないのです。

スマホにオリンパスの「IMAGE SHARE」というアプリをダウンロードすることで、スマホをリモコンとしてシャッターに触れることなく撮影することは確かに可能です。しかし星の写真を撮る場合など暗い場所での撮影には、スマホの光がかえって邪魔になってしまいます。

メーカーには「リモートケーブルを使えるようにしてほしい」と要望は出しました。この点が改善されたなら、さらに使いやすい機種になるはずです。

まとめ

オリンパスE-PL9は、エントリー機としてカメラ初心者の方には、使いやすく、手軽で、値段もお手頃なので特におすすめします。このカメラを使い、オートだけで撮ってもかなりきれいで本格的な写真が撮れるでしょう。

また自撮りも手軽にできる可動式タッチパネルが搭載されていますし、暗い所でも写せる内臓ストロボも装備されています。初めてミラーレス一眼を購入される方にはおすすめします。

また本格的に写真を写している方なら、2台目や3台目のサブカメラとして検討してもいいのではないでしょうか。E-PL8に比べて高感度撮影に強くなっている点や、ライブコンポジット撮影ができるのは大きな魅力です。軽量コンパクトなので、カメラバックの隙間に入れておけるので重宝しています。

スマホ撮影から、ステップアップするためのカメラとして、自信を持っておすすめしますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です