MENU
ゲーミングデバイス

コスパの良いゲーミングモニターシリーズ第5段 Pixio PX247レビュー

各メーカー等から高性能なゲーミングモニターが販売されており、どのゲーミングモニターが自分の用途と合っているのか悩んでいませんか?

画質を最優先に考える人、フレームレートを最優先に考える人、モニターはやっぱり大きい方が良いとモニターサイズを最優先に考える人等、特に尖った性能はいらずバランスに優れたモニターが欲しい人等、人それぞれニーズは違うと思います。

これまでは高リフレッシュレートモニターを求めるのはコアゲーマーというのが一般的でしたが、PS5の120Hz対応などでコアゲーマーに限らずより多くの人に高リフレッシュレートのモニターのニーズが広がっています。

144hzモニターはバリエーションが多く、モニター変えたいけどどのモニターが自分に合っているのか悩んでる人にとって少しでもモニター選びの参考になるように、

今回は低価格高品質を売りにしたモニターメーカーであるPixio PX247をレビューします。

 

Pixio PX247紹介

Pixioとは2016年アメリカのカリフォルニア州でコアゲーマーによって設立されたモニターメーカーであり、高品質の品物を低コストをモットーとし、コストパフォーマンスの良いモニターを提供し続けています。

低コストだからといって決して品質には妥協はなく製品保証3年という長い保証期間があるので信頼できますね。

Pixio PX247の主な機能

  • FHD 24 インチIPS液晶画面
  • 144Hz を備える
  • オーバードライブ機能(1ms)
  • Black equalizer機能搭載

Pixio PX247搭載機能レビュー

Pixio PX247のデザインコンセプト

Pixio PX247は黒を基調とし、光沢のあるデザインになっています。

モニタースタンドは昇降機能が無く角度調節がありますが、この角度調節が硬く、やり辛いので注意が必要です。

全体的にコストカットの影響か脆そうな作りをしている為角度調整するのも少し抵抗があります。

モニター自体が薄いのでモニターアームなどを使用すればすっきりとした運用ができます。

なので別途モニターアームなどの購入を推奨します。

Pixio PX247の画質

Pixio PX247はゲーミングモニターでよく採用されているTNパネルではなく、スマートフォンや、TVなどによく採用されているIPSパネルであり、TNパネルに比べて画質が綺麗という特徴があります。

実際にPX247を見てみると今の時代のTNパネルと比べるとやや上か同レベル程であまり「このモニター凄く綺麗」とまではなりませんでした。ただ値段を考えれば相当頑張っている方じゃないでしょうか。

ブラウジング時も特にストレスは感じませんでした。

 

Pixio PX247の応答速度1ms

基本IPSパネルは構造の問題で応答速度が遅く、動画やゲームなどでは残像が気になりやすいですがPixio PX247では応答速度1msが実現されています。

他のゲーミングモニターの1msと比較してもほぼ同じくらい残像が低減されていたので、Pixio PX247の応答速度の技術は素晴らしいと感じました。

Pixio PX247は144Hzで動作可能

今主流であるリフレッシュレート144Hzに対応しているので、ゲームやPCでのクリエイティブ作業などではストレスなく描写してくれます。PS5用などに安く画質が綺麗なゲーミングモニターがほしいっていう人にも相性はいいかと思います。

Pixio PX247のブラックイコライザー

ブラックイコライザーも多くのゲーミングモニターに標準装備されるようになっております。PX247のブラックイコライザーもかなり効果あります。

その他機能

スピーカーが搭載されていますが、正直言ってスマートフォンの方が音質がよく、モニターでの使用は不満があります。

黙ってスピーカー買いましょう。

Pixio PX247の総評

良い点

・144hzモニターでは最安値。

・IPSパネル搭載の上、応答速度が1msと速い。

気になる点

・モニタースタンドが使い辛い。

・製品自体の作りこみ自体が価格相応といった感じで耐久性に不安がある。

まとめ

表記上、IPSパネルの144Hzで尚且つ応答速度が1msと全部乗せした144hzモニターのPX247です。

22000円という事で上記のスペックのモニターの中では最安値を誇り、かなりのコストパフォーマンスですが、実際に使用してみると、モニタースタンドには昇降調節がありませんし、現在発売されているTNパネルのゲーミングモニターと比べてみても画質に関して目立ってIPSの良さがあまり感じることができないという感想になりました。

モニター本体の材質の質感などからも少し耐久性に関して不安が残る作りをしています。

とまとぶろぐ的にはあと3000円ほど予算を増やせばTNパネルでもIPSパネルのPX247と同じくらいの画質で尚且つ多機能なゲーミングモニターが何種類もありますので、そちらを選択した方が間違いない満足度が得られるかなといった感じがします。

とにかく安く144hzモニターが欲しいという人や、PS5で使用するカジュアルゲーマーにとっては、高画質・高リフレッシュレート・低価格 と3拍子揃っているので、うってつけのゲーミングモニターになるでしょう。