カメラ関係

Tello用の別売りコントローラー「GameSir T1d」レビュー

今回は、前回紹介したトイドローンTello用に販売されている「T1d」という別売りコントローラーのレビューをします。皆さんはドローンを飛ばす時に、スマートフォンでの操作に不満はありませんか?

 

Telloは、スマートフォンのアプリから操作をすることができますが、果たして別売りコントローラーが必要なのか、コントローラーにお金を払う価値はあるのか、また、GameSirから販売されている類似商品「T1s」とは何が違うのかということにフォーカスして記事を書いていきます。

「GameSirT1d」のスペック

このコントローラーはBluetoothでTelloが接続されているスマートフォンと接続しTelloを操ります。

基本的なボタン配置はPS4などのゲームコントローラーと同じなので、初めてドローンに触る人でも直感で簡単に操作できます。

 

あまりコントローラーを触ったことのない方は、ボタン配置を覚えるまでに少し時間がかかりますが、覚えてしまえばさっと写真を撮ったりすることが可能です。コントローラーでは、離着陸や動画・写真撮影、そしてフリップまでほぼすべての操作を行うことが可能です。

 

また、固定できるスマートフォンも大きめのものまで対応しています。写真ではGalaxy Note9という巨大な6.4インチディスプレイのスマートフォンに分厚いケースを付けて固定しています。これがぎりぎりのサイズですので、これより大きいスマートフォンは固定できない可能性があります。

「GameSirT1d」を使った感想

Telloは価格に見合わず非常に高性能なので、普通に飛ばすだけならばスマートフォンだけでも割と快適に飛ばすことができます。

しかし、やはり物理的なコントローラーがあるのとないのでは格段に操作性が変わってきます。

スマートフォンだけで操作する場合、自分の指が画面に被ってしまい画面の隅から隅まで見ることができません。しかし、コントローラーがあれば画面を全て見ることができ、スマートフォンを完全にディスプレイとして使える為、写真を撮る際にもどこからどこまでの範囲が写っているのかということが一目瞭然になります。

また、ドローンの飛行技術をもっと向上させたい、これからDJIやほかの本格的なドローンを飛ばしたいと思っている場合、コントローラーの操作も重要になってきます。

ドローンはゲームとは違い、風などの環境の影響を受けます。したがって、リアルタイムで画面を見ながら大勢を整え、しっかりとホバリングする練習などが必要です。

「T1d」と「T1s」の違い

ここで気を付けなければならないのが、GameSirがもともと販売していた「T1s」や「T1]

との違いです。この二つは、ボタン配置が同じで見た目もよく似ているため、混同されがちです。

まず、大「T1d」はTello専用です。おそらく、「T1d」の「d」は「Drone」です。したがって、このコントローラーをゲーム用のコントローラとして使うことはできません。

発売された当初は「T1s」ではTelloが操作できないのではないかといわれていましたが、操作ができることが明らかになりました。もしも、スマートフォンでゲームをする方や、ゲーム用のコントローラーとしても使いたいという方は、「T1s」や「T1」を購入されるのがいいと思います。

ゲームをせず、ドローンだけに使う場合は専用の「T1d」のほうが良いと思われます。なぜなら、専用のコントローラーのほうがノイズが少ないという噂があるからです。

噂程度ですが、ゲームに使わないのであれば専用のほうがいいでしょう。

まとめーコントローラーが必要な人とそうでない人ー

「T1d」は質感もよく、非常にしっかりしたコントローラーです。遅延や突然接続が切れたりすることもなく、コントローラーのみでほぼすべての操作を行うことができるので快適にTelloを飛ばすことができます。

まとめると

コントローラーが必要ない人は

・少しドローンで遊べればいい人

・トイドローンを飛ばすだけで十分満足している人

・セルフィーやちょっとした写真しかとらない人

・スマートフォンの操作になれている人

スマートフォンでの操作に慣れていたり、そこまで本格的にドローンを飛ばす予定ではない人は、あえて約3500円を払ってまでコントローラーを入手する必要はないかと思います。

コントローラーが必要な人は

・Telloをドローンの飛行練習目的で使っている人

・よりスピーディーにTelloを飛ばしてみたい人

・構図を気にしながら本格的な写真を撮ってみたい人

・手の大きさが合わずスマホでの操作がし辛いと感じる人

・操作する時にスマートフォンを完全にディスプレイとして扱いたい人

これから本格的にドローンを飛ばす予定がある、または飛ばしてみたい人は練習として購入したほうが絶対にいいです。

 

本格的なドローンを飛ばしたい皆さんは、ドローンの基礎技能を身に着ける為に、まずはTelloと一緒にコントローラーも用意して、快適な練習生活を送ってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です